「思慮深い前頭葉」(思慮深い前頭葉.wav)

Yusuke Sugisawa poetry reading album simlacreより

「思慮深い前頭葉」

街に 対しての 意味深い 返答は 価値に 対しての 思慮深い 前頭葉
盗まれた 世界は 思い出の 中にあり 自分を 投影した 外の世界とを結ぶ

思想の 中核の 矛盾と 戯れる 理想の 収穫に 胸が ただ高まる
現実の 音が 現実性を失う 魂を 切り裂く 夜が香る潮風

時間をも 絶えず 何度も 生き直す 人生は 自分という 現象の 蓄積
頭の中を揺さぶる 進みすぎた意識 反乱する 意識が 存在に 先立つ 

 
日々の 糧となる 重く耐えがたい苦労 ひび割れた 盾となるも 挑み 続ける苦闘
孤独に 船を出し 進む者の心は 自分自身の 抱えた 痛みによって 輝く

群れから一人 離れ 荒野を 開拓する 胸からこぼれ 落ちた 声を 採択する
無限の中を 進まず 有限の中を進む 空っぽの 淋しさは 埋めることができないから



夜に戸惑う月の 最深部を見つめる 雨の音は生命を 授かり白く光る
夏と 秋の 間で 目を覚ました 退屈が 葉っぱに埋もれ始めた 思い出を弁証する

都会の夜郷愁が 月に向かって吠える 色彩の 結合が 物語を作る
見捨てられた 挑戦者の 言葉なき 悲鳴は 最後まで 残った者の 直感の 閃き

心の芯の 結晶に 焦点を 合わせる 力なく笑う真実に 偽りの自分を捨てる
力が 明確な 道を通って流れる 幻の 世界を 暴く一歩を踏み出す

影を 闇に落とした 裸足の 葛藤が 逆転を狙う一つの 小さな望みに賭ける
抑圧と 解放の 境目を 渡っていく 生きようとする 意志が 岸壁に 佇む

¥ 200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(43030958 バイト)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。